トップページ

一粒ダイヤペンダントネックレス・ピアスの通販ショップです。
飽きのこない一粒ダイヤアクセサリーにこだわり、あなたの大切な方への贈り物に相応しいダイヤのみを厳選しました。どうかごゆっくりご覧ください。

一粒ダイヤモンドネックレスをカラット数で選ぶ

お好みのカラット数でダイヤモンドネックレスをお選びください。

一粒ダイヤモンドネックレスを予算額で選ぶ

1万円ネックレス

ご予算に合わせてダイヤモンドネックレスをお選びください。

necklace1

ダイヤモンドの評価を決める4Cの中のクラリティ、これは透明度を表す指標ですが、インクルージョンの多さや位置によってそのランクは決定されます。

SIクラスの場合、肉眼でインクルージョンを発見するのは不可能で、10倍のルーペで発見できるランクのものです。一方Iクラスの場合は、ルーペを用いずとも肉眼で容易に発見できるランクのものですから、SIクラスとIクラスの差は歴然としています。

クラリティは透明度を示していますからダイヤの輝きに影響します。したがって一粒ダイヤネックレスを選ぶ際はクラリティとカットに焦点を当てて選ぶといいでしょう。 
ダイヤモンドの4Cと失敗しないダイヤネックレスの選び方

 

hikaku1

通常のペンダントに使われているダイヤのカットは、フェアカットかPoorのものがほとんどです。

このようなカットの場合、ダイヤ表面より入射した光は、ダイヤの裏面より逃げていきます。ダイヤの輝きはダイヤ内の反射によって起こるものですから、これではダイヤがほとんど輝きません。

一方、Excellentカットの場合は、ダイヤ表面より入射した光は、ダイヤ内で全反射され、再びダイヤ表面より光が放たれるのです。(上図参照)

輝くダイヤをお求めなら、Excellentカットのものをお選びください。
以下のハート&キューピットのExcellentカットのダイヤペンダントはおすすめです。

ハート&キューピットのダイヤペンダントネックレス

推奨 1カラットダイヤペンダントネックレス

上の1カラットダイヤペンダント3点は、すべて輝く要素が揃っています。
前述しましたように、ダイヤの輝きはクラリティとカットで決まるもので、クラリティSIクラスとGoodあるいはExcellentカットのダイヤは、輝きの度合を弱めることのない品質の高いものです。

1カラットのダイヤペンダントを選ぶポイントは、輝くダイヤを選択するということです。
1カラットのダイヤペンダントはピンからキリまであり、ご予算に合わせたお買い物をするのも一つですが、1カラットのダイヤペンダントとなれば、一生に一品ものですので多少の無理をして品質のいいものを選ぶことをおすすめします。

品質のいい1カラットダイヤペンダントなら、ご自身が身につけなくなっても娘さんや、お嫁さんにお譲りすることもできます。
一粒ダイヤペンダントですからいつまでも飽きが来ないデザインで、どんな世代でも喜んでくれるお品です。それに1カラットのダイヤペンダントのプレゼントとなれば喜びもひとしおです。

ダイヤは輝きが命です。
この機会に奥様へのプレゼントとして、あるいはご自分へのご褒美に、品質の高い1カラットダイヤペンダントをご購入されてはいかがでしょうか

こちらの1カラットダイヤペンダントは、間違いなく輝きます。

一粒ダイヤモンドピアスをカラット数で選ぶ

お好みのカラット数でダイヤモンドピアスをお選びください。

一粒ダイヤモンドピアスを予算額で選ぶ

ご予算に合わせてダイヤモンドピアスをお選びください。

pierce

ピアスはリングやネックレスよりも先に人の目に留まる装飾品です。
そのピアスにつけられたダイヤが大きければ、なおさら人の目に留まります。

ピアスに使われているダイヤのグレード4Cの内、カラー、クラリティ、カットはどのピアスも同程度のもので、注目を集めるという点では、カラット数が大きいほうが有利となります。

ダイヤピアス選びは、カラット数に焦点を当てて購入されることをおすすめします。

おすすめ 1カラットダイヤピアス

diamond1

ネットでダイヤモンドを購入する場合、必ずレビュー(口コミ)をチェックしてください。

実物を見ることができないネットショッピングでは、レビューこそが唯一の商品情報源です。
当ショップではレビュー(口コミ情報)が書かれた商品にはすべてレビューを掲載してあります。

レビューには「思ったより大きくて満足!」という星4つのものから「やはり値段相応、あまり光らない」といった星1つ~2つのものまで、様々なレビューを載せています。

このレビューの差は、お客様が購入されたダイヤモンドにもつ期待度が反映されているものと察します。どうかダイヤモンド購入の目安ともなれば幸いでございます。