ネットでのダイヤモンド購入の注意点とメリット

ネットでダイヤモンド購入の注意点

通常低価格のペンダントやピアスに使われているダイヤモンドは、ピケダイヤと称される
カットがフェアカットアップ以下のダイヤモンドです。

また、4Cでの表示などはなく、ダイヤの価値よりもデザインや好みによって
購入が決定されます。

最近流行りのダンシングストーンもその一つで、
デザインだけでは飽き足らず、中石が動くように設計されており、
ユーザーの注目を集めるところとなっております。

まれに、ダイヤのグレードの表記のあるペンダントやピアスもありますが、
こういう商品を見つけたら、チェックしておくのがいいでしょう。

rp_2.jpg

ネット販売の場合、カラット数の表記しかなく、カラーもクラリティも表記が全くない場合、
安いからという理由だけでこういう商品を購入して後悔するケースが多いのです。

なぜなら、大きささえ同じならばどのようなカラーのダイヤモンドを
送られてきても文句は言えないからです。

ダイヤモンドのHカラーは白色系に属しますが、K、Jクラスになると
明らかに黄色系になり、見栄えがすごく悪くなります。

当店のダイヤはすべてHカラー以上ですからご安心ください。

このように、ネット販売でのダイヤモンドの購入は、
できれば4C表記のあるダイヤモンドを選択することをおすすめします。

特にダイヤペンダントをご購入の場合、4C表記には注意を払ってください。
ピアスと違ってペンダントに使われているダイヤはまさしくピンキリあり、
お値段の安いものは品質が悪いと言っても過言ではありません。

詳しくは、ダイヤモンドの4Cと失敗しないダイヤネックレスの選び方
をご覧ください。

色石に関しては論外です。
色石にはダイヤモンドのような4Cという宝石の価値を決める基準がなく
見た目の色によって決まります。

例えば、ルビーなどの場合、ピジョンブラッドという色が
ルビーでは最高の色と言われます。

ピジョンブラッドとは鳩血色という意味ですが、これなんかは
ネットで購入するより、実店舗に行かれて目視してから
選択されたほうがいいですね。

天然の石ですから一つとして同じものはありません。
みなそれぞれ色が異なります。

ネット画像に映っている商品カラーと、実物の色が異なるって
いうのはむしろ当たり前のことで、同じ色のルビーを送ってこい
というほうがむしろ無茶なんです。

サファイアしかり、エメラルドしかりです。

ただ、宝石として購入するのではなく、単なるアクセサリーとして
購入するんであれば、ネットで購入されても何の問題もありません。

ネットでダイヤモンドを購入するメリット

ネットでダイヤモンドを購入するメリットも見逃せません。

それはやはり価格の安さです。

実店舗による宝石の販売の場合、コストがものすごくかかります。
陳列ケース、照明、店舗賃料、人件費など、多大なコストが
かかることはおわかりのことでしょう。

これらの費用はすべて宝石価格にオンされます。
それだけ価格が上がるわけです。

しかしネット販売の場合、かかる費用といったら
レンタルサーバー代、通信コストと人件費くらいでしょうか。

ほかにもコストがあると思いますが、実店舗に比べて
格段に低コストだということがおわかりでしょう。

その分低価格で販売できるわけです。
ただネット販売の場合、価格競争も激しいですから、
それも幸いして、価格が低下しているとも言えなくもないですが。

このように、ネットでの宝石購入には、メリットとデメリットがありますが、
これらを踏まえて、賢くネットでの宝石購入を楽しめばいいと思います。

5