ダイヤピアスの失敗しない選び方

はじめに・・・

ダイヤピアスを購入にあたって、「果たして相場はどのくらいか?」
をまず考えますね。

例えば0.5カラットのピアスの相場はとなると、
高いものから安いものがあり、価格の差は何に違いがあるのか
よくわかりかねる部分があります。

そこで、ネットでダイヤピアスのご購入をお考えの場合、
これだけ気を付ければ損はしない方法をお伝えします。

ピアスに使われているダイヤのグレードはどれも同じようなもの

ダイヤの価値を決める手段に4Cというのがあリます。
4Cとは、カラット、カラー、クラリティ、カットの
頭文字をとってそういいます。

ネットで調べますと、ダイヤピアスで4Cの表記があるピアスと、ないピアスがあります。
表記のあるピアスはとても良心的でお客様に安心感を与えますから、こういうアイテムは
チェックしておいた方がいいですね。

一方4C表記がないのは、購入するアイテムとしては論外で、
安いからといって飛びつくと後悔することになります。

つまり、まずはじめに行うことは、4C表記の有る無しによって
ダイヤピアスの取捨選択をします。

そして次に行うことは、4C表記のあるダイヤピアス商品の中の
グレードチェックです。

4c

しかし調べてみますと、ダイヤピアスに使われているダイヤのグレードは
すべて似通っており、Hカラー、Iクラス、のものがほとんどです。
カットに至っては表記していません。

つまり4Cのうち、カラー、クラリティ、カットはみな同程度であり、残るカラットだけが、ダイヤピアスを選ぶ判断基準になるわけです。

安くピアスを買いたいなら1ct当たりのダイヤの価格を算出せよ!

カラー、クラリティ、カットは同じ。
ならばカラットで一番安いピアスを選んだほうがお得!ということになります。

ではどのようにして一番安いダイヤピアスを見つけ出せばいいのでしょうか?

簡単です。
1ct当たりのダイヤの値段を産出し、一番安い値段のダイヤが
お得だということです。

算出方法はこの通りです。
ダイヤピアスの価格÷カラット数
この計算法で1カラット当たりの値段がわかりますから、
一番安いのがお得ということになります。

ダイヤピアスを選ぶときの注意点

ピアスはアクセサリーの中でも一番人の眼に留まる装飾品です。
周囲の人が見て識別できるのは、ダイヤのカラーやクラリティ、カットではなくカラット数だけです。

以下の画像は0.5ct(片耳0.25ct)と1ct(片耳0.5ct)ピアスの比較画像です。
誰の目にも大きさの違いははっきりと判ります。

それゆえ、少しでも人の眼に留まりたいなら大きなダイヤにすることをおすすめします。

次に選ぶポイントは、ピアスに使われているキャッチの部分です。
ピアスは装飾品の中で比較的落としやすいアクセサリーです。
そのため、ピアスのキャッチには落としにくいダブルキャッチのものを選ぶことをお勧めします。

以下の画像をご覧ください。
左が地金とシリコンのダブルキャッチ方式、右はシリコンだけのキャッチ方式です。
ダイヤピアスを選ぶ際は、このキャッチ方式もチェックする必要があります。
ご参考にしてください。

以下に、ダブルキャッチ方式のダイヤピアスをご紹介します。

ダイヤのグレード表記がないものもありますが、表記のあるものでHカラー、Iクラスが多く、輝きよりもダイヤのカラーをアピールしたピアスです。

Hカラーはダイヤの中でも上質のダイヤといえます。

0.1ctおすすめダイヤピアス

0.2ctおすすめダイヤピアス

0.3ctおすすめダイヤピアス

0.5ctおすすめダイヤピアス

0.6ctおすすめダイヤピアス

当店おすすめ大粒格安ダイヤピアス

当店が一番おすすめするお買い得な大粒ダイヤピアスをご紹介します。

当ショップが販売する1カラット未満のダイヤピアスは、だいたい
1ct当たりの相場が、70,000円前後です。

店長の私が推薦するピアスはダイヤが0.7ct台のもので
1ct当たりの価格は、56,830円~60,270円になります。

特にお買い得なピアスは、0.75ctのダイヤピアスで、
1ct当たりの価格が56,830円という一番お安い値段になっています。
しかも鑑別書付でのお値段ですから本当に安いピアスです。

ボリューム感のある0.7ct台に加え、Hカラー、Iクラスという表記付
今一番売れてるダイヤピアスはこちらです。

0.7カラット台ダイヤピアス 一番人気商品

おすすめ 1カラットダイヤピアス 人気アイテム

スワロフスキージルコニア ピアス

ダイヤに替わるスワロフスキージルコニアのピアス
ハイグレードなダイヤに匹敵するほどの輝きをもちながら、価格はダイヤの60分の1

今までのジルコニアの輝きがダイヤの100に対して90ほどであったものが、スワロフスキー社は独自のカット法「ピュア・ブリリアンス・カット」によって、ダイヤと同じ100まで押し上げました。

価格が安いピアスだから、落としてもそれほど落ち込むことはなく、カジュアルにもフォーマルにも付けていけるフェイクダイヤのピアスです。

このジルコニアをシルバーでなくk18の台座に装填したのが以下のピアス。
このおかげで本物感満載で、天然ダイヤピアスに見られそう・・・。
それでいて、価格はたったの3,780円
ダイヤピアスの代替品として十分通用するアイテムです。