ダイヤモンドの4Cと失敗しないダイヤネックレスの選び方

一粒ダイヤモンドネックレスの選び方についてお話しします。

ダイヤモンドはまさにピンからキリまであり、ダイヤの質によってその値段が決まります。
しかし値段の安さでダイヤネックレスを選んでしまうと、あとあと後悔します。
なぜなら、値段の安さは品質の悪さになるからです。

ダイヤモンドは輝きが命です。
輝いてこそダイヤの存在価値があります。
ですから輝く要素をもったダイヤモンドを選ぶことが重要なのです。

ここでは、輝く要素をもったダイヤモンドとは、どんなダイヤなのかをご説明致します。

ダイヤモンドの価値をはかる4Cについて

ダイヤモンドの価値を測る基準として4Cというのがあります。
カラット、カラー、クラリティ、カット、この4つの頭文字をとって4Cといいます。

カラットは大きさ、グラム数です。1カラットが約0.2グラムです。

カラーは色、D、E、F、G、と続き、Dが無色透明でランクが下がるごとに
黄色みがかってきます。

クラリティーは、透明度。インクルージョン(内包物)の量と位置によってランクが
異なってきます。

FL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3と続き、
インクルージョンが多いほどランクが下がってきます。

最後にカット。これは唯一人間の技術によって評価されるもので、すべてのダイヤモンドに適用されるわけではなく、ラウンドブリリアントカットのみ評価されるものです。

ランクは、Excellentからはじまり、Very Good 、Good、Fair、Poor、で評価されます。

つまり、ダイヤモンドの価値は、大きさ、色、透明度、カットによって決まるということです。

ダイヤネックレスを選ぶときの注意点(その1クラリティ)

先ほども申し上げましたように、ダイヤは輝きが命です。
ですから輝く要素をもったダイヤを選ばなければなりません。
その輝く要素のひとつにクラリティがあります。

ネット通販で販売されている低価格のダイヤネックレスのダイヤのグレードは、
Hカラー、Iクラス、フェアカットアップかPoorクラスのダイヤがほとんどです。

しかし、この程度のグレードで輝きを求めるのは無理というものです。
なぜならクラリティがIクラスの場合、ダイヤを透過する光がインクルージョンに遮られて
輝きが激減するからです。

以下に示すクラリティの比較画像をご覧ください。

左のネックレスに使われているダイヤのクラリティはSIクラスです。
右のネックレスに使われているダイヤのクラリティはIクラスです。

どうです、明らかに違いがわかるでしょう。

これは、0.3カラットのダイヤモンドを拡大したものですが、
Iクラスのダイヤは、肉眼でもはっきりとインクルージョンを識別できます。

クラリティSIクラスのダイヤとは、肉眼でインクルージョンが発見できない状態のもので
10倍のルーペを用いて、はじめてインクルージョンが発見できるクラスのものです。
一方クラリティIクラスのダイヤとは、肉眼で容易にインクルージョンが発見できる状態のものです。

Iクラスのダイヤの場合、光がインクルージョンに遮られて、ダイヤの輝きが激減します。
もしあなたが、輝くダイヤをお望みなら、クラリティがSIクラス以上のものを選ぶことをおすすめします。

ダイヤネックレスを選ぶときの注意点(その2カット)

ダイヤモンドが輝くもう一つの要素としてカットがあげられます。

ネックレスに使われているダイヤのほとんどはラウンドブリリアントカットが施されており、これは、一番ダイヤが輝くカット法として主に用いられています。

余談ですが、ダイヤモンドの4Cを決めるときは、このラウンドブリリアントカットされたダイヤだけが適用され、その他のカット法では、4C評価は付けられないことを覚えておいてください。

さてこのラウンドブリリアントカットされたダイヤにもピンからキリまであり、低価格で販売されているダイヤネックレスの場合、カットグレードはFairカットかPoorカットのものがほとんどで、このようなダイヤはあまり輝きません。

以下のカット比較の説明図をご覧ください。

cut

ダイヤの輝きは光の反射によって発生します。

Excellentカットが施されたダイヤの場合、ダイヤ表面から入射した光はダイヤ内で全反射され再び、ダイヤ表面より光が放たれます。

しかし、カットがFairの場合、ダイヤ表面から入射した光は全反射されることなく、ダイヤの裏面からある程度の光が逃げることになり、輝きは減少するということになります。

ダイヤは輝きが命です。輝かないダイヤならキュービックジルコニアの方が
ましということになります。

つまりカットの良し悪しによってダイヤの輝きが左右されますので、カットはGood以上のものを選ぶ方が賢明といえるでしょう。

ダイヤネックレスを選ぶときの注意点(まとめ)

以上のことからおわかりのように、ダイヤの輝きはクラリティとカットによって決まるといっても過言ではないでしょう。

ネットではたくさんの低価格ダイヤネックレスが販売されていますが、先ほども申し上げたように、Hカラー、Iクラス、フェアカット程度のダイヤがほとんどです。

ですが、この程度のダイヤは輝きません。
輝くダイヤが欲しければ、クラリティSI以上、カットGood以上のダイヤネックレスを選ぶことです。

店長おすすめ輝く1カラットダイヤネックレス

店長おすすめ輝く0.5カラットダイヤネックレス

店長おすすめ輝く0.3カラットダイヤネックレス

他に、ダイヤネックレスを低価格順にラインナップしたページも作成しましたので、ご参考までにご覧ください。

1カラットダイヤモンドペンダント低価格ランキング
0.5カラットダイヤモンドペンダント低価格ランキング
0.3カラットダイヤモンドペンダント低価格ランキング